読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YAMAGUCHI::weblog

土足で窓から失礼いたします。今日からあなたの息子になります。 当年とって92歳、下町の発明王、エジソンです。

小説読み終わった

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)


チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)


上下巻通して2日間で読み終わった.この読了感の良さは久しく無かったので今は爽快感にあふれています.
様々な書評で書かれていますが,まずキャラが立ってます1キャラが立ってるんで説明的な描写が少なく感じるし,何より創造したときの鮮度が違います.しかも下巻に出てくるまでもう一人の主人公が出てこないという演出もにくいです.下巻を読み始めて思わず出会い頭のパンチをもらいました.
でもって,適度に出てくる専門用語や描写がリアリティを引き出します.さすが作者が現役医師だなぁというところですね.医龍を読んでいることも手伝って非常にすんなりと状況を描くことができました.ところどころに現役医師として世間に訴えかけている節が見られる記述も読んでいて面白い.
そして上巻から下巻へと進むと一気に加速するテンポ.普通の小説は緩急がある印象を受けるのですが,この作品はまさにアクセルを徐々に踏んでいく様にどんどん加速していきます.リングを読んだときに感じた印象と似てました.(ジャンルは全然違うけど)
またミステリーなのに珍しいなと思ったのが,読了後の落ち着き.各キャラクターが収まるところに収まったなという安堵感とでも表現したらいいのか,ありがちな犯人が捕まった後にみんなの生活がガラッと変わるようなこともなく,ほんわかできる終わり方が心地よい.
様々な書評で高評価を得ていますが,それも納得といった感想です.
ネタバレギリギリで唯一納得いかないのは,やはり犯人の動機ですね.ちょっとあと一押し欲しかったところではありますが,諸々の伏線を上手い具合に収拾するには納得いく落としどころでした.
多くの人が読みやすいと感じる,娯楽小説だと思います.