読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YAMAGUCHI::weblog

土足で窓から失礼いたします。今日からあなたの息子になります。 当年とって92歳、下町の発明王、エジソンです。

habuをMacOS X Tigerで動かしてみる

Mac Python

動機

最近イントラでPlaggerを動かそうと思ったんですが、どうせならせっかくPythonやってるんでPythonPlaggerのhabuを動かしてみようかと思います。その練習としてMacで動かしてみます。

準備

自分のPythonのバージョンは2.5.2なのでhabuを動かすには問題ありません。(>= 2.4ならOKらしい)habuを動かすには下記の3つのモジュールをインストールしておく必要があるみたいです。

Universal Feed Parser

unzipしてinstallするだけという簡単な感じ。

$ unzip feedparser-4.1.zip
$ python setup.py install
(略)
PyYAML

PyYAMLはLibYAMLも入れておこうと思います。

$ tar xzf PyYAML-3.05.tar.gz
$ cd PyYAML-3.05
$ python setup.py install
$ python setup_with_libyaml.py install
Traceback (most recent call last):
  File "setup_with_libyaml.py", line 6, in <module>
    from Pyrex.Distutils import build_ext
ImportError: No module named Pyrex.Distutils

あ、Pyrex入れてない。というわけでインストール。

$ cd ..
$ tar xzf Pyrex-0.9.8.4.tar.gz
$ cd Pyrex-0.9.8.4
$ python setup.py install
$ cd ../PyYAML-3.05
$ python setup_with_libyaml.py install
(略)
errorたくさん

だめだ。とりあえず後回し。

Twisted
$ bzip2 -dc Twisted-8.1.0.tar.bz2 | tar x
$ cd Twisted-8.1.0
$ python setup.py install

これで下準備はおしまい。

habuの設定

ここにあるようにhabu.cfgを若干変更してpython.cfgを書いてみた。変更に関してはプロジェクトのWiki参照。

global:
  timezone: Asia/Tokyo
  log: stdout

pipeline:
  rss_fetcher:
    - module: subscription.config
      config:
        feed:
          - http://d.hatena.ne.jp/ymotongpoo/rss2
          - http://b.hatena.ne.jp/hotentry?mode=rss&cname=elec
    - module: filter.join
    - module: filter.grep
      config:
        str:
          summary: python
    - module: filter.sort
      config:
        reverse: True
    - module: publisher.rssfeeder
      config:
        file: "out.rss"

これを使ってhabuを走らせてみます。

$ python runhabu.py python.cfg

で、out.rssを見てみるとちゃんとPythonに関係ある記事だけを吸い出してました。すばらしい。