YAMAGUCHI::weblog

土足で窓から失礼いたします。今日からあなたの息子になります。 当年とって92歳、下町の発明王、エジソンです。

「探偵ガリレオ」読了

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)


東野圭吾は大学の同期がだいぶ薦めてくれていたので前から気にはなっていたのですが、ミステリー食わず嫌いな自分は読まないできました。
が、大学院くらいから軽いタッチの読書もいいなと思うようになって、それからミステリーも読んだりするようになりました。実家に帰ったらその辺にこの本が落ちてたんで勝手に借りてきて読みました。
探偵ガリレオを読んでいてほかのミステリーと違うなと思い楽しく読めたポイントは何より湯川と草薙のキャラクタ設定と事件解決に至るトリックの種明かし。もともと東野圭吾が理系だったこともあって、それはそれは高校の科学や物理の実験を彷彿とさせるようなトリックばかりで理系な自分が初めて「理系でいたから楽しめた」と思えた作品。
湯川の「大学の物理学助教授」というもうコテコテな設定と、いかにも助教授*1というキャラクタがまた心地よく、草薙との掛け合いもリアルに表現されている。
余談だがドラマでは湯川を福山雅治が、草薙を北村一輝が演じていたが、イメージにあったキャストだったように思える。*2

*1:といっても別に自分のまわりにこういう助教授がいたわけではまったくない

*2:実際は湯川は佐野史郎をモデルにしたっぽいけど。