YAMAGUCHI::weblog

土足で窓から失礼いたします。今日からあなたの息子になります。 当年とって92歳、下町の発明王、エジソンです。

Linuxコマンド 2009.10.01-31

unzip/tar/cp などで上書き

cp、unzipとかtar展開などでいちいち上書きのYes/Noの確認が面倒なときはoverwrite系の各種オプションをつければよい。

unzip
オプション 内容
-o 上書きする
-n 上書きしない
tar
オプション 内容
--overwrite 上書きする
--no-overwrite 上書きしない
--keep-old-files 上書きしない
--keep-newer-files もし上書きするファイルが既存のものより新しければ上書きする
cp
オプション 内容
-u もし上書きするファイルが既存のものより新しければ上書きする

標準出力で表示しつつファイルに記録

tee

teeを使えば標準出力にログなどを表示しつつ、その内容をファイルに記録できる。サンプルは下記のような感じ。

$ echo hoge | tee input.txt
hoge
$ less input.txt
hoge

もしひとつのログファイルに記録したいなら -a オプションをつければよい。

実行履歴/記録を確認する

history

まずはこれをざっと見る。だいたいのコマンド実行履歴は見られるが、履歴をさかのぼって実行したりした場合にコマンド履歴が上書きされることがあるので要注意。

script

ターミナル上に表示された文字をすべて記録する。ただし制御文字も含めて記録するため、typoなどもすべて記録してしまう。制御文字を消す場合はcolコマンドを使う。

$ col -bx < hoge.org.log > hoge.log

ただし制御文字が消えるだけであってtypoした文字は消えないので注意。

ttyrec

名前のとおりターミナルに表示されたものを時間とともに記録し、再生することができるツール。

状況を監視する

watchコマンドを使う
$ watch -n 60 "ls -l /target/path; ps aux | grep tar"