YAMAGUCHI::weblog

土足で窓から失礼いたします。今日からあなたの息子になります。 当年とって92歳、下町の発明王、エジソンです。

Galaxy NexusのConnectBotでSSH公開鍵を扱う

はじめに

こんにちは、Python界の情弱です。近頃は「男は閾を跨げば七人の敵あり」というぐらいですから、外でサーバにSSH接続ぐらい出来なければなるまいと思いConnectBotの設定をしました。
ただ僕のサーバは公開鍵認証でかつポートが22番ではないのでその辺の設定が手間取ったのでメモ。

ConnectBot

インストール

Google Playからインストールする。以上。

Galaxy Nexusに秘密鍵を転送する

僕はMacなんでAndroid File Transfer使って、USB経由で直接Galaxy Nexusに転送します。

microSDカードが扱える端末だったらそれ経由で渡せるらしいですが、僕はよくわかりません。
接続して直下に秘密鍵を置かないと認識できません。
f:id:ymotongpoo:20120901223117p:plain

ConnectBot起動

起動したら username@hostname:port の形式でサーバを登録。この時まだ接続はしない。
f:id:ymotongpoo:20120901224222p:plain
f:id:ymotongpoo:20120901230528p:plain

公開鍵の登録

公開鍵の管理で、秘密鍵を登録する。
f:id:ymotongpoo:20120901231436p:plain
f:id:ymotongpoo:20120901230805p:plain
先ほど転送した秘密鍵を登録。
f:id:ymotongpoo:20120901230915p:plain
f:id:ymotongpoo:20120901230934p:plain

ホストが使う秘密鍵の設定

ConnectBot自体への秘密鍵の登録が終わったら、ホスト名一覧に戻って、公開鍵認証で接続したいホスト名を長押し。すると「接続ホストの編集」というメニューが出てくるのでそれを押す。
f:id:ymotongpoo:20120901231010p:plain
「公開鍵認証を使用」のメニューをクリックして、先ほど登録した秘密鍵を設定する。
f:id:ymotongpoo:20120901231204p:plain
f:id:ymotongpoo:20120901231234p:plain

以上で設定完了。これでいつ何時外で敵に襲われても、サーバの管理ができます。